川西市 行政書士

公的融資Q&A

Q.日本政策金融公庫と制度融資を同時に申請することはできますか?

A.可能です。

融資の主体自体が異なりますので、両方から融資を受けることも可能です。

例えば、日本政策金融公庫で満額の融資がなされないときに他の制度融資で補填する、といったこともできます。

また、それぞれの融資制度によって利率・自己資金要件・融資可能額などが異なりますので、ご自身にとって最もメリットのある組み合わせを考えるといいでしょう。

Q.公的融資を初めて申し込むタイミングはいつがいい?

A.ズバリ創業時です。

公的融資は民間金融機関と異なり、創業前後の融資を積極的に行っています。

自己資金等の要件を満たせば、事業実績がなくとも融資をしてくれるのです。

ところが、創業後しばらく経ってから融資を申し込む場合には事業実績を重点的に見られますので、明らかに事業が行き詰まっている場合には原則として融資されることはありません。

また、創業時に融資を受けて約定通りに返済していけば優良な実績を積むことになりますので、後々融資を受ける際にも有利になります。

①比較的簡単に借入できる創業時に融資を受けておく

②実績を積んで後々の融資申込に備える

ことをおすすめします。

Q.金融機関の担当者が店を見に来るがどうしたらいい?

A.商品やサービス・設備などをしっかりアピールしましょう。

公的融資では、面談とあわせて店舗や事務所を実地調査する場合があります。

実地調査はアピールのチャンスと捕らえて、商品などを実際に見てもらって他社との差別化のポイントなど、具体的な説明・アピールができれば審査上有利になります。

もちろん、職場を整理整頓しておくことや活気を見せることも重要です。

Q.融資を断られたがどうしよう?

A.理由を聞いて、対策を打ちましょう。

残念ながら融資がおりなかった場合、必ず理由を聞くようにしましょう。

なかなか具体的な理由を聞き出すことは難しいかもしれませんが、極力ざっくりした概要だけでも聞いておくべきです。

理由が、対策の打ちようがないもの(ご自身の信用情報による場合・書類の虚偽や面談時にウソをついた場合など)は難しいですが、対策の打てるもの(事業計画の内容があいまい・記載不足・収支の見通しが甘いなど)の場合は、事業計画を変更したり事業計画書をしっかり作成することによって再申請による融資を勝ち取ることができる可能性は十分にあります。

Q.返済が苦しくなってきました・・・

A.行き詰まる前に返済計画の変更を検討しましょう。

返済が苦しくなってきた場合、月々の返済金額を減額する(返済期間を伸長する)ことができる場合があります。

これを、リスケジュール(リスケ)といいます。

できれば、延滞する前に金融機関に相談した方が良いでしょう。

相談の際には、現在の経営状況、経営計画の見直しの内容、リスケ後の返済計画などを具体的に説明する必要があります。

金融機関としても、返済不能になるよりはリスケを認めてでも続けて返済してもらった方が良いのですが、きちんと筋を通した説明ができないとリスケを認めさせることはなかなか難しいといえます。

≪公的融資申請のポイント
公的融資申請サポートトップ≫

このページの先頭へ