川西市 行政書士

相続手続きの流れ

遺産相続には様々な手続きがあります。

そして、相続手続の多くは法律で期限が決まっています。

うっかり期限を過ぎてしまうと、思いもよらない損害やトラブルが発生することもあります。

まずは、相続手続きの流れをご確認ください。

相続手続きの流れ

1.被相続人の死亡(相続開始)

  • 死亡届の提出
  • 火葬許可申請書の提出
  • 葬儀の準備

※死亡届の提出期限は死亡を知った日から7日以内です。
(火葬許可申請書は通常死亡届と同時に提出します)

2.ご葬儀

3.初七日法要

  • 遺言書有無の確認

※遺言書(公正証書遺言除く)は必ず家庭裁判所の検認後に開封しなければなりません。

4.四十九日法要

  • 相続人の確認
  • 相続財産、債務の概略調査

※相続人の確認のために、戸籍の取寄せ・相続関係図の作成を行います。

5.相続放棄・限定承認

※相続開始を知ってから3ヶ月以内に家庭裁判所への申立が必要です。相続放棄・限定承認をしない場合は単純承認となります。

6.所得税の申告と納付

  • 相続財産、債務の調査
  • 相続財産の評価

※所得税の申告・納付の期限は死亡後4ヶ月以内です。(準確定申告といいます)

7.遺産分割協議

  • 遺産分割協議書の作成

※相続人間でどの財産を誰が引き継ぐかを協議します。

8.相続財産の名義変更

  • 不動産の名義変更
  • 預貯金、株式などの名義変更

9.相続税の申告と納付

※期限は相続開始後10ヶ月以内です。

****************************************************************************

基本的な流れは上記のとおりとなります。

多くの手続きがありますので、心身ともに疲弊している遺族の方々にとっては大変ですが、スケジュールをきっちりと押さえて確実に手続きをする必要があります。

当事務所では、親身になって遺族の方々をサポートいたします。

相続人の調査≫

カテゴリー:相続・遺言サポート

このページの先頭へ