川西市 行政書士

遺言書をつくろう

遺言書は遺される人たちへの思いやり

自分の死後、「財産を自分の思ったとおりに処分してほしい」「残された家族に円満に遺産分けしてほしい」とは誰もが願うことでしょう。

しかし遺言がなかったために、遺産分けをめぐって遺族の間で骨肉の争いになってしまうこともよくあります。

このように相続が「争続・争族」になってしまう大きな理由は、「亡くなった人の意思」が見えないことといえます。

「亡くなった人の意思」がはっきりしていれば、遺族の方の納得度も高まります。

遺言は「自分の死後はこうしてほしい」という「意思」をはっきりと残すものです。

遺言は相続において最も優先されますので、遺言書を作成しておくことによって「争続・争族」を未然に防ぐことができます。

以前は、その必要性はわかっていても実際に遺言書を残す人は少なかったのですが、最近では年々関心が高まり、遺言書を書く人が増えています。

「相続」は誰にでもやってきます。

遺される人たちのためにも、遺言書について考えてみましょう。

≪相続Q&A
遺言でできること≫

カテゴリー:相続・遺言サポート

このページの先頭へ