川西市 行政書士

建設業許可の要件

4.財産的基礎または金銭的信用を有すること

原則として、許可申請の直前の決算期の財務諸表(新規設立の企業は創業時の財務諸表)において以下の要件を満たしている必要があります。

一般建設業許可の場合

以下のいずれかに該当すれば要件を満たします。

  • 自己資本の額が500万円以上あること
  • 500万円以上資金を調達する能力があること
    (金融機関の融資証明書・預金残高証明書などにより判断されます)
  • 許可申請の直前過去5年間許可を受けて継続して建設業を営業した実績を有すること

※一般的には金融機関に500万円以上の預貯金があれば要件を満たせます。

特定建設業許可の場合

以下の全てに該当しなければ要件を満たしません。

  • 欠損の額が資本金の額の20%を超えないこと
  • 流動比率が75%以上であること
  • 資本金の額が2000万円以上であり、かつ、自己資本の額が4000万円以上であること

≪誠実性の要件について

ページ: 1 2 3 4 5 6 7

カテゴリー:許認可サポート

このページの先頭へ